【レビュー】『霊神楽~奮闘記~』をプレイした感想。カワイイ巫女さんが堕ちていく、、、。

霊神楽奮闘記のアイキャッチ画像ゲーム

【注意】ネタバレあります。

妖怪が存在する世界で、男主人公と2人の巫女が妖怪退治をしていくADV&シミュレーションRPG

『霊神楽~奮闘記~』

フリーランスで退魔師としてはたらく主人公『南雲 祐馬(なぐも ゆうま)』
祐馬と幼なじみである『鏑木 紫(かぶらぎ ゆかり)』
祐馬と切磋琢磨して腕を磨く『犬童 ちはや(いぬどう ちはや)』

3人は、とある神社を拠点として妖怪退治の依頼をこなしている。

妖怪退治の依頼がくることは特別なことではないが、最近の妖怪退治にはなにか違和感を感じる

妖怪たちはただ暴れているのではなく、なにものかに「操られている」ような。
そんな感じがする。

主人公と2人の巫女は、違和感を抱きながらも妖怪退治をこなしていく。

その裏で何者かに見ていることをしらずに。

『霊神楽~奮闘記』ってどんなゲーム?

タイトル霊神楽~奮闘記~
(たまかぐら~ふんとうき~)
パブリッシャーでぼの巣製作所 様
プラットフォームPC
シリーズ神楽シリーズ
ジャンル巫女・陵辱・異種姦・巨乳・微乳

本作は、会話パート(ADV)をはさみつつ戦闘パート(SRPG)をクリアしていくことで進んでいきます

会話パートでは、男主人公と2人の巫女さんが楽しく会話している様子を見ることができます

霊神楽~奮闘記~会話パート

高いところにある本が取れずに困っている『紫』を助けてあげたり、料理が絶望的な『ちはや』の料理を食べたりと、平和で楽しいやりとりをしています。

また、温泉に入っているところを見たり、胸を頑張って小さくしようとしている『ちはや』をそっと見るなど、ちょっとラッキースケベ的なシーンもあります

戦闘パートは、「タクティカルSLG」という戦略性が必要とされるバトルシステムになっています

霊神楽~奮闘記~戦闘パート
  • クリティカルがでやすい『祐馬』
  • ターン開始時、周りの味方のHPを回復する『紫』
  • 敵の攻撃を回避しやすい『ちはや』

それぞれのキャラクターの特性をいかして、敵妖怪の集団と戦って行きます。

『霊力』を使って技を繰り出したり、味方妖怪を召喚して一緒に戦うこともできます。

ピンチになってしまったときは、強力な必殺技で一気にピンチから抜け出しましょう!

バトル必殺技シーン

属性の相性によって、与えるダメージや受けるダメージが変わるため、常に敵妖怪の動きに合わせたキャラクター移動をしていくことが求められます

難易度のバランスが良くできており、しっかり考えてキャラクターを動かしていかないとふつうに負けてしまいます

難易度は4段階で調整できますが、『ノーマル』でもなかなか歯ごたえのあるバトルが楽しめます。

妖怪×巫女の豊富なエロシーン

霊神楽~奮闘記~のちはやエロシーン

『霊神楽~奮闘記~』は、「妖怪×巫女」の陵辱・異種姦ものです。

巨大蜘蛛に糸で縛られた状態で種付けされたり、餓鬼に集団レ○プされるなどのエロシーンがあります。

エロシーンのバリエーションが豊富で、『紫』と『ちはや』の2人の巫女さんごとにエロシーンがあり、「処女か非処女か」「初めてか2回目以降か」によってもエロシーンが変わります。

処女の場合は嫌がりながら陵辱されてしまいますが、非処女で2回目の場合は自らもとめるようになってしまいます。

はじめは嫌がるものの、しだいに堕ちていく。

そんな年若い巫女さんのようすに興奮すること間違いなしです。

巫女さんのセリフはフルボイスで、つねに喘ぎ声がでており、中だしのときの効果音もしっかりとあります

エロシーンのCG(画像)がどれも綺麗で、臨場感あふれるBGMと可愛いボイスが合わさり、かなりのクオリティに仕上がっています。

また、陵辱だけでなく和姦?もあります

『霊神楽シリーズ』の設定として「妖怪に種付けされても、人間の男性の精液で治療できる。」というものがあります。

治療する目的で、主人公(男性)と同意のもと性行為をするわけですね。

紫ちゃんちはやちゃんも、「妖怪に種付けされてしまったら、人間の男性の精液で治療するしかない。」ということを知っています

でもいざそのときになると恥ずかしいんですよね。
恥ずかしがりながら服を脱いでいきます。

主人公のことを恋愛対象として見ているような表現はありませんでしたが、無理矢理というわけではなく、楽しく会話しともに妖怪に立ち向かう関係なので和姦といってもいいのかなと思います。

ちなみに、タイトル画面の「物語を思い出す」からいつでもエロシーンを振り返ることができます。
お気に入りのあのエロシーンをいつでも振り返ることができるのです!!

霊神楽 ~奮闘記~ 【DLsite限定特典付き】

みんなのレビュー

ここで、実際にプレイしたほかの人たちのレビューを見てみましょう。

なるべくネタバレが起きないように選んでみました。

ここが残念、、、。

ややストーリーが短く、最後の天狗を倒したら、あれもうおわり?とは正直、感じました。

『DLsite・レビュー欄』

これに関しては私も思いました!!

1つ1つのエロシーンは充実していて楽しめましたが、エロシーンを除いた部分(ストーリー部分)はちょっと短かったなと思いましたね、、、。

妖怪化する過程が触れられていないので、今後そういう過程の描写もあると嬉しいなと思っています。

『DLsite・レビュー欄』

妖怪化してしまうシーンのことですね。

確かにあのシーンは「目を覚ますと妖怪化していた。」みたいなカンジで、どういう過程で妖怪化してしまったのかは描写されていなかったです。

「気持ちの変化」や「からだの変化」など、巫女さんの変化が描写されているとよかったなと思いますね。

ここが良き♪

バトルスキップやフルコンプ機能もあるので初心者でも問題なくエロまでいけます。

『DLsite・レビュー欄』

「バトルが苦手で勝てないっ。」
「とりあえずエロシーンを見たいんだ!!」

という方にとっては、「バトルをスキップできる機能」や「CGのフルコンプ機能」があるのはとても助かりますね♪

じつは私、とあるエンドをどうやって解放したらいいのか分からなくて「フルコンプ機能」を使っちゃいましたっ。

処女/非処女、1回目/2回目、ちはや・紫など様々なバリエーションがあり、妖怪数から受ける印象よりもボリュームは十分多くなっている。

『DLsite・レビュー欄』

そうなんです!

でてくる妖怪の種類はちょっと少ないですが、「処女か非処女か」「1回目か2回目以降か」「ちはや・紫」という様々なバリエーションがあるので、意外とボリュームが多いんですよね。

1つ1つのエロシーンもクオリティーが高くて、満足ですっ。

感想

本作『霊神楽~奮闘記~』をプレイして一番感動したのは「戦闘がしっかり楽しめる。」ということです。

エロシーンがしっかりと作られているのは、この作品だけでなくほとんどのエロゲームで共通しています。
しかし、戦闘パートがしっかり楽しめるものはなかなかありません。

難易度が絶妙で、ノーマルでもちょっと油断するとかんたんに敗北してしまいます。

「敵の属性」や「敵がだしてくる状態異常」などの敵妖怪のステータスをしっかりと把握して、装備品を整えて戦う必要があります。

戦闘パートを本気になってプレイできるため、「ただエロシーンを見るためだけのゲームではない。」といっても良いと思います。

もちろんエロシーンも最高です。

微乳で背が低くちょっと内気な「紫(ゆかり)」と、巨乳で背が高く妖怪に対して強気な「ちはや」の2人の巫女さんが妖怪に陵辱されてしまいます。

はじめは嫌がるものの、次第にカンジはじめてしまい、、、でもそんな自分を認めたくない、、、。でも身体を前後にうごかしてしまう、、、。

そんな妖怪からの陵辱にどんどん堕ちていく巫女さんを見ることができます

紫ちゃんが焼いたクッキーを3人で食べる。
料理が絶望的なちはやちゃんの料理を食べる。

そんな平和で楽しい日常が、妖怪からの陵辱に変わっていきます。

まとめ

霊神楽~奮闘記~のタイトル画面

『霊神楽~奮闘記~』は、妖怪が存在する世界で、男主人公と2人の巫女が妖怪退治をしていくADV&シミュレーションRPGです。

戦闘に敗北すると、微乳で背が低くちょっと内気な「紫(ゆかり)」と、巨乳で背が高く妖怪に対して強気な「ちはや」の、2人の巫女さんが妖怪に陵辱されてしまいます。

エロシーンが充実しているのはもちろんのこと、戦闘パートもしっかりと楽しめるゲームとなっています。

妖怪たちを影で操っているのは何者なのか。
紫ちゃんを影で狙っているのは何者なのか。

男主人公と2人の巫女さんと一緒に、違和感ただよう妖怪退治に出発しよう。

本作『霊神楽~奮闘記~』は、DLsiteでプレイすることができます。

体験版もあるので、「試しにやってみたい!」という方は、体験版だけでもをあそんでみてね!

★DLsite(特典「服破れパッチ」付き!!)

霊神楽 ~奮闘記~ 【DLsite限定特典付き】

以上、巫女さん大好き『苺白餅(いちごしらもち)』でした♪

それではっ。

コメント

  1. […] […]

18歳以上かな?このページは「アダルトゲーム」を扱っています。 18歳未満の方の閲覧をご遠慮しています。