【体験版レビュー】『神楽黎明期~護の編~』の体験版をプレイしてみた!護ちゃんのえっちさと可愛さに注目すべし!

体験版レビュー

でぼの巣製作所がおくる『神楽黎明期~護の編~』の体験版をプレイしてみました!

というわけで今回は【体験版】『神楽黎明期~護の編~』の紹介・レビューを書いて行きたいと思います。

体験版での内容なので、ここでの内容は製品版とちがうかもしれないです。
そこだけ注意しておいてくださいね!

本作の巫女さん|八代 護(やしろ まもり)

本作で登場する巫女さんは『八代 護(やしろ まもり)』ちゃん。

病弱だけど活発な性格で、天然な面もある巫女さんです。
体験版ではあまり病弱さや天然さは感じられなかったのですが、活発さは感じられました。

活発さが観られるシーンとしては、ストーリーの導入部分ですね。
留守番をしているように言われたにもかかわらず「ちょっと出歩くくらいならいいよね」と神社を抜け出して森へと出かけてしまいます。

んー危ない。
エロゲーでこれは危ない。

そしてスタイルの良さも見逃せません!

巫女服の上からでも分かる豊満なお胸っ。
グレーなロングヘアもgood。

金髪だったり髪に装飾がいっぱい付いていたりすることはなく「ザ・シンプル」な見た目ですが、それがまた良いんです!

なんだろう。
普通の一般的な『かわいい巫女さん』感があるんですよね。
リアルな巫女さんぽさがあって、、、良いんです。

ストーリー|妖気ただよう森へ

物語は、護(まもり)ちゃんが、森で一匹の怪我をした動物を見つけるところから始まります。

ストーリーの概要は以下のとおり。

神社を抜け出して鎮守の森へと足を運んだ護は、妖怪に襲われ、怪我をした森の動物と出会う。

護は、このままではいつ妖怪が近隣の住民を襲うかわからない、と異変が起こりつつある森の調査をすることを決意する。

護は弓を手に、妖怪が蔓延る森へと足を踏み入れるのだった。

引用:DLsite販売ページ

エロシーン|フルボイス&一部Live2D

本作『神楽黎明期~護の編~』は巫女×異種姦とのことで、対人エロは存在しないようです。(体験版をプレイした限りではひとつも無かったです。)

エロシーンのざっくりとした特徴は以下の6つ!

  1. 護ちゃんのセリフのみフルボイス
  2. 『処女』『非処女』の2パターン
  3. ちょっと暗めなBGM
  4. エフェクト音(挿入音・中だし音など)がある
  5. すべて中だし
  6. 一部のエロシーンはLive2Dで作られている

1つ1つのエロシーンが5~10分くらいあり、妖怪に押し倒されてすぐ中だしされるわけではないため、かなり実用性のあるエロシーンに仕上がっています。

護ちゃんのセリフは「やめてください」「やめてっ」「そんなことしないで。」といった口調になっていて、トゲのある強気な口調ではないところが背徳感あって良きでした!
しかも森の奥深くという、、、。ブハッ

エロシーンを観るには(解放するには)妖怪に倒される以外にも、妖怪を倒すことでも可能です。

妖怪を倒してもエロシーンを解放できるのはいいですよね。
エロシーンを解放するためにいちいち負ける必要はないので、ゲームを楽しみながらエロシーンも同時に解放していくことができます!!

体験版では、妖怪4体分の静止画エロシーンと、1体分のLive2Dエロシーンを観ることができます。
つまり、合計5体分のエロシーンが観れるということですね!

これが「無料体験版」という恐ろしい事実、、、。

また、エロシーンはタイトル画面から何回でも見返すことができます

今日はどれにしようかなっ♪(←キモい)

↓【DLsite】

神楽黎明記 ~護の章~

バトルシステム|ローグライクRPG

本作『神楽黎明期~護の編~』は、ローグライクRPGでバトルが進行していきます。
『ポケモン不思議のダンジョン』みたいなカンジですね。

本作のいちばんの特徴は『召喚(口寄せ)』にあります。
仲間にした妖怪を『召喚』することで、一緒に戦うことができるのです!

敵妖怪に囲まれたときや、ボス妖怪との対決では、この『召喚』をうまく使うことでバトルと有利にすすめることができます。(というか召喚しないとキツい。)

バトルシステムについて詳しく説明すると、とんでもなく長くなってしまうため省略しますが、エロシーンだけでなくバトルパートもしっかり楽しめる作品になっていました!

総評

今回は『神楽黎明期~護の編~』の体験版をプレイしてみたわけですが、総評としてはかなり良くできた作品だと感じました。

とにかく、本作の巫女さんである護(まもり)ちゃんがえっちくて可愛い

病弱だけど活発で天然な性格。
豊満なお胸とグレーのロングヘアー。
見た目が良い意味でシンプルで、口調も敬語調なので、『ザ・巫女さん』といった感じがあります。

そんな子が妖怪にヤられるわけですよ。
背徳感が限界突破です!

ただ残念だったのは、一部のエロシーンで痣(あざ)の描写があったところですね。(おしりペンペン)

まあ、陵辱系エロゲーなので大丈夫という人がほとんどだと思いますが、私的には痛々しくて少しキツかったです。

赤くなっている程度ではありますが、苦手な人はあらかじめ知っておいたほうががイイかもです。

とはいっても体験版の時点では、残念なところは痣(あざ)の描写が少しあったところだけで、全体としてはめちゃんこ満足できるエロシーンでした。

バトルパートもしっかりと作られていて楽しかったです!

製品版でどの程度のボリュームになるのかは分かりませんが、過去作の感じでいけば体験版の5~7倍程度になると思われます。

とすると、かなり楽しめる作品になると予想しています!

発売予定日まであと2週間(2021年11月6日現在)。
製品版が発売されるのが待ち遠しいです!!

まだ体験版をプレイしていないという方は、無料で遊べるのでとりあえず体験版をプレイしてみましょう!(体験版だけでもボリュームありますし、普通に楽しめますよ。)

お持ちのPCでちゃんと動くのかもチェックしておきましょうね。

↓【DLsite】

神楽黎明記 ~護の章~

コメント

18歳以上かな?このページは「アダルトゲーム」を扱っています。 18歳未満の方の閲覧をご遠慮しています。